気まま日記(kimamanikki)

気の向くままに、のんびり更新しますヽ(´∀`)ノ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wild Flower

心は枯れた大地の様。

この乾いた大地を潤していたのはあなたという泉でした。

あなたという泉は蜃気楼のように遥か彼方。

向日葵の様な君。

今、君は誰の横で咲いているのだろう。

いつ思い出しても切ない記憶。

でも愛しているからこその別れ。

そういった物を感じて頂けたら。



乾いた心が 乾いた風を運ぶ
あの日に戻れと 背を伸ばす

いつかこの手を 誰かが掴むと信じて

周りには何も無い 私の心の中も
そこに光はあるのに 手を出しても届かない

いつか光を この手で掴むと信じて

暖かい温もりは遥か彼方
思い出のあなたは 優しく微笑み
この心をもろく 弱く崩してしまう

咲きましょう この荒野に
立ちましょう 自分の足で
この心が折れないように
この心が枯れないように

あなたには見えるだろうか?
あなたには届くだろうか?

この荒野に咲く花が

ただ強く 美しく

光に届けと手を伸ばす

強くあるのは何のため?
強くあるのは誰のため?

この荒野に咲く花を

ただあなたに あなただけに

咲きましょう この荒野に
立ちましょう 自分の足で
この心が折れないように
この心が枯れないように

咲きましょう この荒野に
立ちましょう 自分の足で
その心が折れないように
その心が枯れないように



この詩は彼の視点でもあり、彼女の視点でもあります。

お互いがお互いを愛しているからこそ、手を伸ばしても届かないわけです。

愛しているからこそ、強くなければいけない。

それはお互いにとって大切な事だし、お互いの、そして自分のためでもあるわけです。

愛って奇麗事だけじゃないから。

愛し、愛されるのが一番理想なんだけどね。


Comments

理想

だけでは

生きては

いけない。

そのための

「強さ」



いうものは

必要

なのでしょうね。

でも・・・

自分の

心の中には

いつも

この

「でも・・・」

という

言葉が

張り付いています。

二度と

取り戻せないもの。

生きていれば

必ず

あるものですね。
とても素晴らしい詩ですね・・・。
やっぱりmasaさんも才能あるじゃないですか☆

私もこの詩のように強ければいいのにな・・・。何度も挫折したり立ち上がったりしてきたと思います。でも苦難があればあるほど、その後の自分はきっと誰よりも成長した自分で居れると信じています。これが私の人生の方針ですね(笑)
小さい頃から苦労って多かったけれど、無駄だとは思えない。そうゆうモノなんですよねー。(ただ単に諦めが悪いだけとも言う。)

Leave a Comment


Body

カウンター
セルフィ

 
Twitter



 
 
クラッチ作品集
 
 
プロフィール

クラッチ

気まま日記バナー

・クラッチ
このブログの管理人

 
 
管理人へメール
メールフォームを開く
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。