気まま日記(kimamanikki)

気の向くままに、のんびり更新しますヽ(´∀`)ノ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩というものは

不思議な物で。

その人の性格とか考えとか感性とかがモロに出るんだよね。

masaなんてのは真璃亞ちゃんみたいに詩の才能は無いもんで、思ったことを中々表現できない。

今日は抽象的というか、上手い表現のお話。

とりあえずこの詩を読んでみてくだされ。

すべりだい/椎名林檎

この曲を椎名林檎が書いたのはなんと18歳の頃。

デビューが19歳だからね。

凄いね。

18歳でこんな歌詞が書けるなんて。

特に最後の方の

許されるなら本当はせめて
すぐにでも泣き喚きたいけど
こだわっていると思われない様に
右眼で滑り台を見送って
記憶が薄れるのを待っている

の所なんてさ、18歳が書いたとは思えないよね。

恋人との恋愛を『滑り台』とか例えたり、気持ちを『砂場の砂』とか例えてるんだよ?

何と言う表現力。

才能ってある人はやっぱりあるんだね。

というか、椎名林檎は知識と言うか、世界観が広いんだよね。

歌詞を読んでても分るけど。

ギブスの、

だってカートみたいだから
あたしがコートニーじゃない

ってさ、知らない人が見たら何言ってるか訳わかんないだろうしね。

う~ん・・・masaも素晴らしい詩が書けるようになりたいですわ。

でも真璃亞ちゃんみたいに上手く書けないしね。

ま、勉強あるのみなんだけど。


Comments

私にも下手糞な時期がありました(汗)
今も下手ですけれど、昔はもっと下手だったかもしれないです;

http://wakamiyamutuki.paslog.jp/

上のURLは、小学生~高校に入る前に書いた詩集です(照)数が多いのですが、どれもまだ未熟でお恥ずかしい詩なのです・・・。

Leave a Comment


Body

カウンター
セルフィ

 
Twitter



 
 
クラッチ作品集
 
 
プロフィール

クラッチ

気まま日記バナー

・クラッチ
このブログの管理人

 
 
管理人へメール
メールフォームを開く
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。